株で人生を変えたい臆病なマキ

うちの社長ったら、追証逃れにホントにいっちゃった

ニューヨークへ (@@)オー NO!! 彼ったら群馬の商業高校中退だから、ボキャブラリーとしてはThis is a pen. Is she a nurse? ぐらいしかないと思うんだけど。
 なんで、わざわざニューヨークに? って昨夜聞いたらさ・・・・なんて応えたと思う?
「だって、トレードに生きるものの聖地だからさ」 (ウィ~ッ、匂っちゃう匂っちゃう。)
 逃げたところで事態は改善しないのに。(×*×)・・・でしょっ。
 「社長、まだ47歳なんだから、また新宿のホストにもどったらいいじゃん」
 「なにバカ言ってんの。ホスト業界じゃ『ご老公』って呼ばれる年だよ」
 「ダイナでずいぶん踏みあげたの? 常盤貴子がらみの変態社長の会社でしょ・・・」
 「勝手にひとの手帳を見んなってあれほど言っただろうが」
 「じゃ、あたしのハンドバックこっそり開けないでくれる」
 「俺の使ってないゴムなんかが入ってそうだからさぁ~」って、
 コイツってほんと嫉妬深い奴なのよ。まっ、こんな会話が社長と従業員の間で交わされる会社って、そんなに多くないと思う。ウン。
 それもこれも、社長不在の今日は朝から心配でさ。 売りの仕手仲間から缶詰にされてんじゃないかって変な想像しちゃって・・・。 けっこう脇の甘いとこあるから。
 ダイナも暴落の入り口に入ったっていうのにさ、明日は売り方の踏み踏み相場になるかもね。社長のような売りのプロが雲隠れするようじゃ。 日経平均もやけに堅調だしさ。 あしたは巨額の清算玉が拘置所の中山社長を元気づけるのでしょうね、きっと。
[PR]
by maki_sakata | 2005-07-28 22:40
<< ギョェーッ・・・☆(@×@)★... 再びダインシティの復活か?  ... >>