株で人生を変えたい臆病なマキ

<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あす、ダイナが3万円を超えたら・・・

辛いけど前場で手仕舞います。170万円ぐらいの損ですみそう。・・・7月と8月のお給料は全額自主的に返還します。 だって、社長の入院費が払えないもん。・・・カラ売りの怖さシミジミ。
[PR]
by maki_sakata | 2005-08-28 16:49

ダイナシティ(8901)暴落始まりました。

 社長、あとの祭りでしたね。一月遅かった・・・。 この4日間のジリ下げをご覧ください。
 ホールドしてたら、いま、やっとペイできる状態ですよ。(あぁ、残念至極)
これからがダイナ(JASDAQ8901)の暴落街道まっしぐら。・・・貸借倍率がちょっと怖いけど。
 早く、元気だして。 キョーレツな売りでこれまでの損をとりかえしましょう。
 今日はおもいっきり859株を売り建てしました。結果は数日後にわかるでしょうよ。
 踏み踏みになったところで、私はビルの窓から身を投げるだけよ。 じゃ、ね。
[PR]
by maki_sakata | 2005-08-25 21:45

社長はストレス性すい臓炎でした

しばらく入院が続きそうです。・・・で、社長がさ。
「マキちゃん、日曜なのに呼び出して悪かったね」三本も点滴垂らされながら蚊のように呟く。曇天にふさわしい風景ね。
「社長がいないので、ここしばらくずうっと日曜ですけど、アタシ」
「こ、これで、今月と来月の給料と、・・・」暗証番号書いた紙とキャッシュカードと差し出すの。「入院費もこれで支払ったらいいのね」
「ごめん、そんなに残ってないかもしんないけど」血管の浮き出た手の甲で顔をおおってさ。(泣くな、男だろ。株で負けたぐらいで。)
「○○さん(私の先任の女の子)にお給料は払わなくていいの?」
「あぁ、・・・そもそも彼女が金融屋におれのことチクったからこうなったんだし・・・」
「飽きたら冷たいのね。」 (いずれ私も切られるのか、・・・蝉も鳴かなくなったし)
「社長、このカードで一度勝負させてください。医療費は残しておきますから」
ああっ、と言葉にならないうめきを発したかと思うや、「こんな状態じゃ、なぁ、止められないなぁ・・・仕方ないなぁ・・・」と。
 「社長、リベンジしましょう。私にまかせて、○○○○で勝負よ」
ということで、明日、再び燃えるカブ女になります。(*@△@*)!!
[PR]
by maki_sakata | 2005-08-20 18:30

ギョェーッ・・・☆(@×@)★**社長が集中治療室へ

ニューヨークに行ってるもんだとばかり思っていたら、やっぱり雲隠れだったのね。それも練馬区の安いビジネスホテルで。 部屋のフロで着替えの下着、自分で洗ってたんだって。
 で、それはいいんだけどさ。
 身元が判ったたのが救急車に運ばれたことがきっかけだったの。
 「社長、なんでニューヨークなんて嘘ついたりすんです?」
「いやっ、悪い。・・・でも、知らなかったの、この業界の隠語?」
 「・・???」
「相場で失敗したとき、近場で雲隠れすることさ」
 (プッ)知らないよそんなこと。聞いたことないもんゼンゼン。 皆さん知ってます?
まっ、それはいいとしてさ。・・・なんで今日みたいな暴落の日に身元がバレるようなことすんだろうね。ホント抜けてんだから、このオヤジ。
 「社長、8月はお給料もらえるんでしょうね」と、点滴姿の社長の枕元で私は鬼のように囁く。
 「もちろんだよ。・・・マキちゃん、ずうっとオレのそばにいてくんないかなァ」
 「あ~ぁ、社長。 そんな弱音出すようじゃ、株式相場からの引退も近いわね。」
 「マキちゃん。 こうやって、ずっと手を握っててくんないかな」
 「社長、追い討ちをかけて申し訳ありませんが、KF金融のUさんが伝えといてくれと」
 「なっ、Uの野郎がなんて」
 「すべて手仕舞わせてもらいました。詳細は退院後にと」
 社長は、このブログの標題のような雄叫びをあげました。それは病院内で虐殺があったかと思われるような陰々とした響きでした。
 と、まあ、そんなこんなで、まったく暗いクライCRYな一日でした。
[PR]
by maki_sakata | 2005-08-05 18:51